03-05-11

芸術係数の読書会はこんな感じです。《ローティ読書会》の様子。

芸術係数では一冊の本を取り上げて、何人かでそれを読み進めていく読書会も開催しています。現在は『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』(リチャード・ローティ著)を取り上げています。

_MG_8207

当初は参加者が順番で一段落ずつ読み進めていく形式を取っていましたが、現在は主催者の方で内容をある程度まとめて、それについて内容を吟味したり、そこから漏れているポイントを参加者が指摘して、それについて議論したり、という形式で進め始めています。

_MG_8210

できるだけ効率的で議論も有効にできるよう、読書会の形式も試行錯誤しながら進めていますのので、今後も少しずつ進行方法は変えていくと思います。
こちらの読書会は毎回10人前後の参加者です。参加者の関心領域は、アートを中心に社会学や現代思想といったところでしょうか、仮想していた参加者は美大生やアーティストを含むアートに関心を持つ人たちでしたが、少し幅が出てきているようです。男女比は6:4で女性が多いです。参加者の年齢層は20代から50代まで幅広いですね。

_MG_8214

読書会の様子はこんな感じです。興味のある方はお気軽にご参加ください!

[撮影:越間有紀子]

             このエントリーをはてなブックマークに追加

02-24-11

ミシェル・フーコー「規律社会について」part2 に日本語字幕を付けてみました。

“Michel Foucault On ‘Disciplinary Society,’ Part 2 ”に日本語字幕を付けました。
翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999)
芸術係数(http://gjks.org)
元の動画はこちら

「ミシェル・フーコー「規律社会について」part1」はこちら

             このエントリーをはてなブックマークに追加

02-13-11

〔ノート〕『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』リチャード・ローティ


Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0091602/gjks.org/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/wp-tmkm-amazon/xml.php on line 63