02-26-11

〔ノート〕光州ビエンナーレ2002「_止_」(Gwangju Biennale 2002 “P_A_U_S_E”)

Catalogue cover of Gwangju Biennale2002

2002年の光州ビエンナーレでは、世界中のオルタナティブ・アート・スペースがアーティストと同列の扱いで展示された。それぞれのスペースは自分たちの活動のコンテクストに合わせ、複数のアーティストを起用して極小規模の展示を行うものや会期中様々な話題についてディスカッションやレクチャープログラムを行うものなどさまざまだった。アーティストの中にもSuperflexに代表されるような狭い意味での作家像から逃れるような存在も散見された。
ディレクションはチャールズ・エッシュとホウ・ハンルウの二人。

会場入り口のバナー  Olaf Nicolai

LOOP  Surasi Kusolwong

Alan Johnston & 小川晋一  Atlier Vow Wow

Para-site  小沢剛

Forum A  Jens Haaning

Superflex  Proroacademy

             このエントリーをはてなブックマークに追加

02-24-11

ミシェル・フーコー「規律社会について」part2 に日本語字幕を付けてみました。

“Michel Foucault On ‘Disciplinary Society,’ Part 2 ”に日本語字幕を付けました。
翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999)
芸術係数(http://gjks.org)
元の動画はこちら

「ミシェル・フーコー「規律社会について」part1」はこちら

             このエントリーをはてなブックマークに追加

02-24-11

〔ノート〕『作者とは何か?』ミシェル・フーコー


Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0091602/gjks.org/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/wp-tmkm-amazon/xml.php on line 63