04-14-11

〔ノート〕ヘーゲル『美学講義』の参考リンク

<芸術>はもう用済みなのか? ─ ヘーゲル『美学講義』、理念の自己発展、「芸術終焉論」―若林雅哉

空―ヘーゲルの美学

旅の日のヘーゲル――美学体系と音楽体験:1824年9月 ヴィーン――

講義録新資料にもとづくヘーゲル像の刷新--後期発展史研究の前進のために―山崎 純

2007年度第2学期 「哲学史講義」「ドイツ観念論の概説」

             このエントリーをはてなブックマークに追加

04-13-11

〔ノート〕”Philosophical Investigation”- Ludwig Wittgenstein

ヴィトゲンシュタインの言語と意味をめぐる考察「哲学的探究」。テキストはヴィトゲンシュタインの著作の英訳をまとめたPDFファイル

1. …These words, it seems to me, give us a particular picture of the essence of human language. It is this: the individual words in language name objects–sentences are combinations of such names.–In this picture of language we find the roots of the following idea: Every word has a meaning. This meaning is correlated with the word. It is the object for which the word stands. …Now think of the following use of language: I send someone shopping. I give him a slip marked “five red apples”. He takes the slip to the shopkeeper, who opens the drawer marked “apples”; then he looks up the word “red” in a table and finds a colour sample opposite it; then he says the series of cardinal numbers–I assume that he knows them by heart–up to the word “five” and for each number he takes an apple of the same colour as the sample out of the drawer.–It is in this and similar ways that one operates with words.–“But how does he know where and how he is to look up the word ‘red’ and what he is to do with the word ‘five’?”–Well, I assume that he acts as I have described. Explanations come to an end somewhere.–But what is the meaning of the word “five”?–No such thing was in question here, only how the word “five” is used.(pp.2-3)

ラテン語によるアウグスティヌスの言葉に続く記述。アウグスティヌスの言葉は以下:
「すなわち、年長者たちが或るものの名を呼び、その音声に従って、身体を或るものの方へ動かしたとき、私は、そのものを私に示そうと思う際には、彼らはその発する音声によってそのものを呼ぶということを見て、覚えた。彼らがそのものを私に示そうとすることは、いわば万民共通の自然の言語によって明らかであった。そしてこの言語は、顔つき、目つき、その他四肢の動き、音声の響きからできていて、もの求め、手に入れ、斥け避けようとする心の動きを示すものである。このように、いろいろな言葉がさまざまな文句のうちにしかるべきところで用いられているのをしばしば聞いて、私はそれらの言葉がどのようなものの符号であるかを推知するようになった。そして私の口はそれらのしるしに慣れてきて、私はもう自分が心に思うところそれらによって告げるようになった。」(黒田亘編訳『ウィトゲンシュタイン・セレクション』平凡社ライブラリーより)
アウグスティヌスのこの記述は、「言語はそれに対応した意味を持つ」という言語観を象徴しているとヴィトゲンシュタインは見なしている。節の後半部では日常的な場面(5つの赤りんごの買い物をする)での言語の使われ方(「意味」よりも「使用」が優先される)を例にあげ、アウグスティヌス的な言語観に疑問を呈している。

2. That philosophical concept of meaning has its place in a primitive idea of the way language functions. But one can also say that it is the idea of a language more primitive than ours.
Let us imagine a language for which the description given by Augustine is right. The language is meant to serve for communication between a builder A and an assistant B. A is building with building-stones: there are blocks, pillars, slabs and beams. B has to pass the stones, and that in the order in which A needs them. For this purpose they use a language consisting of the words “block”, “pillar”, “slab”, “beam”. A calls them out;–B brings the stone which he has learnt to bring at such-and-such a call.–Conceive this as a complete primitive language. (page 3)

アウグスティヌスの記述を「完全な原始的な言語機能」観として、現場監督AとそのアシスタントBのコミュニケーションの場面にパラフレーズする。Aが声に出す「ブロック」、「柱」、「スラブ」、「はり」に応えて、Bはそれぞれに対応するパーツを差し出すというもので、言語とそれが示すものがぴったりと対応しているという言語観である。

3. Augustine, we might say, does describe a system of communication; only not everything that we call language is this system. And one has to say this in many cases where the question arises “Is this an appropriate description or not?” The answer is: “Yes, it is appropriate, but only for this narrowly circumscribed region, not for the whole of what you were claiming to describe.”
It is as if someone were to say: “A game consists in moving objects about on a surface according to certain rules…”–and we replied: You seem to be thinking of board games, but there are others. You can make your definition correct by expressly restricting it to those games. (Page 3)

アウグスティヌスの記述は、非常に限定された条件下でのみ正しいといえる。それはまるで一定のルールに従ったゲームのようなコミュニケーション・システムで、AとBのやり取りは、その場限りの言語、つまりその場限りのルールに基づいてのみ機能しているコミュニケーションの道具として理解することができる。

5. If we look at the example in §1, we may perhaps get an inkling how much this general notion of the meaning of a word surrounds the working of language with a haze which makes clear vision impossible. It disperses the fog to study the phenomena of language in primitive kinds of application in which one can command a clear view of the aim and functioning of the words. A child uses such primitive forms of language when it learns to talk. Here the teaching of language is not explanation, but training. (Page 4)

ある言葉に一般的に対応する意味という考え方は、原始的な仕方で実際に機能している言葉をかえって不透明にしてしまう。
原始的な形式で言語を学ぶ子供にとって、言葉を教えることは「説明」というより「訓練」である。

6. We could imagine that the language of §2 was the whole language of A and B; even the whole language of a tribe. The children are brought up to perform these actions, to use these words as they do so, and to react in this way to the words of others.
An important part of the training will consist in the teacher’s pointing to the objects, directing the child’s attention to them, and at the same time uttering a word; for instance, the word “slab” as he points to that shape.; for instance, the word “slab” as he points to that shape. (I do not want to call this “ostensive definition”, because the child cannot as yet ask what the name is. I will call it “ostensive teaching of words”.–I say that it will form an important part of the training, because it is so with human beings; not because it could not be imagined otherwise.)
…But if the ostensive teaching has this effect,–am I to say that it effects an understanding of the word? Don’t you understand the call “Slab!” if you act upon it in such-and-such a way?–Doubtless the ostensive teaching helped to bring this about; but only together with a particular training. With different training the same ostensive teaching of these words would have effected a quite different understanding. (pp.4-5)

7. …We can also think of the whole process of using words in (2) as one of those games by means of which children learn their native language. I will call these games “language-games” and will sometimes speak of a primitive language as a language-game.
And the processes of naming the stones and of repeating words after someone might also be called language-games. Think of much of the use of words in games like ring-a-ring-a-roses.
I shall also call the whole, consisting of language and the actions into which it is woven, the
“language-game”.(page 5)

8. Let us now look at an expansion of language (2). Besides the four words “block”, “pillar”, etc., let it contain a series of words used as the shopkeeper in (1) used the numerals (it can be the series of letters of the alphabet); further, let there be two words, which may as well be “there” and “this” (because this roughly indicates their purpose), that are used in connexion with a pointing gesture; and finally a number of colour samples. A gives an order like: “d–slab–there”. At the same time he shews the assistant a colour sample, and when he says “there” he points to a place on the building site. From the stock of slabs B takes one for each letter of the alphabet up to “d”, of the same colour as the sample, and brings them to the place indicated by A.–On other occasions A gives the order “this–there”. At “this” he points to a building stone. And so on.

11. Think of the tools in a tool-box: there is a hammer, pliers, a saw, a screw-driver, a rule, a glue-pot, glue, nails and screws.–The functions of words are as diverse as the functions of these objects. (And in both cases there are similarities.)
Of course, what confuses us is the uniform appearance of words when we hear them spoken or meet them inscript and print. For their application is not presented to us so clearly. Especially when we are doing philosophy!(page 6)

15. The word “to signify” is perhaps used in the most straightforward way when the object signified is marked with the sign. Suppose that the tools A uses in building bear certain marks. When A shews his assistant such a mark, he brings the tool that has that mark on it.
It is in this and more or less similar ways that a name means and is given to a thing.–It will often prove useful in philosophy to say to ourselves: naming something is like attaching a label to a thing. (page 7)

43. For a large class of cases–though not for all–in which we employ the word “meaning” it can be defined thus: the meaning of a word is its use in the language.(page 21)

             このエントリーをはてなブックマークに追加

04-12-11

アイ・ウェイウェイ:「命は決して保証されているわけではない」に日本語字幕を付けてみました。

Ai Weiwei: ‘Life is never guaranteed to be safe’に日本語字幕を付けました。

翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999)
芸術係数(http://gjks.org)
元の動画はこちら

             このエントリーをはてなブックマークに追加

04-11-11

ピエール・ユイグ:「アンリー」| Art21「エクスクルーシブ」に日本語字幕を付けてみました。

“Pierre Huyghe: “Anlee” | Art21 “Exclusive”″に日本語字幕を付けてみました。

翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999)
芸術係数(http://gjks.org)
元の動画はこちら

ピエール・ユイグのこの作品は、ユイグとフィリップ・パレーノが共同で始めた「No Ghost Just a Shell」というプロジェクトの一環として制作された。プロジェクトのタイトルは「攻殻機動隊(Ghost in the Shell)」をもじったもの。このプロジェクトは、日本のキャラクター・エージェンシーから「Anlee(アンリー)」というキャラクターの権利を買い取り、ドミニク・ゴンザレス=フォースターやピエール・ジョセフらに作品の素材としてアンリーを提供するというもの。アンリーはフレームだけの低価格のキャラクターで、単純な属性しか与えられていないキャラクターだったらしく、そのため物語の担い手としては不十分で、元のエージェンシーではすぐに干されてしまった。アンリーは彼らに買い取られることで、市場におけるキャラクターの「死」から救われたというわけだ。
このプロジェクトでは、アンリーという「抜け殻=shell=姿形」に、参加アーティストが「魂=ghost=物語」を付与する。
ユイグとパレーノは、アンリーを無償で提供するとともに、プロジェクトに参加するアーティストに対して高度なヴィデオ制作用のスタジオと機材を用意した。
2002年にKunsthalle Zürich、Institute for Visual Culture Cambridge、SF MOMAですべての作品を集めた展覧会が開催された後、アンリーの利用は封印され、プロジェクトはファン・アッベ美術館(アイントホーヘン)に収蔵された。
プロジェクトをまとめたアーティスト・ブックが出版されている

             このエントリーをはてなブックマークに追加

04-07-11

芸術係数3月の勉強会のお知らせ「33歳からのマルセル・デュシャン」vol.2

震災のため開催を延期しておりました勉強会のご案内です。

*勉強会は以下のような内容を考えておりますが、今回は3.11以降の諸々の事柄についても少し話しあってみる機会が持てたらいいな、とも考えています。

1887年生まれのマルセル・デュシャンは1920年には33歳でした。この勉強会では、デュシャンが33歳になった1920年以降の活動にフォーカスしたいと思います。

デュシャンは1923年に「大ガラス」の制作を放棄し、創作活動から引退して「沈黙」したと言われていますので、勉強会ではいわゆる「デュシャンの沈黙」の期間を取り上げることにもなります。この期間のデュシャンの活動は、一般的な意味での作品制作とはとられないような活動を数多く含んでいます。1920年に立ち上がったソシエテ・アノニムはその一つです。彼のそのような活動を、アートのパラダイムが変わりつつある現在からの視点を通じて見直すことで、今まさに起きている新しいアートの取り組みを読み解くヒントになるのではないかと思っています。

第2回目は特にソシエテ・アノニムの活動を取り上げます。ソシエテ・アノニムは、デュシャン、キャサリン・ドライヤー、マン・レイによって1920年に設立された世界で最初のモダン・アート(つまり当時の現代美術)の美術館(デュシャンによれば「展示しても売らないギャラリー」)であり、美術品コレクションのコンサルタントであり、展覧会企画の代理店でした。現在ソシエテ・アノニムのコレクションはイェール大学アート・ギャラリーが収蔵しており、アメリカ美術のモダニズムの歴史を考察する上で非常に大きな役割を果たしています。

ご参加のお申込みはこちらから

===
日時:2011年4月29日(金・祝日)13:30-
場所:千早地域文化創造館
参加費:一般500円/学生400円

郵便番号: 171-0044
住  所: 東京都豊島区千早2-35-12
電話番号: 03-3974-1335
アクセス:
地下鉄有楽町線・副都心線 千川駅下車 3番出口 徒歩約7分
国際興業バス「要町3丁目」バス停下車 徒歩約7分


大きな地図で見る

             このエントリーをはてなブックマークに追加

04-07-11

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』読書会vol.4

<震災の影響により開催を延期しておりました読書会のご案内です。>

芸術係数の読書会のお知らせです。
対象図書はリチャード・ローティ著『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』(齋藤純一・山岡龍一・大川正彦訳)です。

*読書会は以下のような内容を考えておりますが、今回は3.11以降の諸々の事態についても考えてみたいと思います。今起きていることを考えるにあたって、本書の内容はいろいろ示唆に富んでいると感じています。

前回はデイヴィドソン(本書中ではデイヴィッドソン)の議論を取り上げ、言語が真理や表現の媒体であるという伝統的な言語観及びそれにともなう主体-客体の描写が批判され、言語を道具として、そしてそれによって記述される知識や道徳の歴史的展開をメタファーを駆使した再記述としてとらえようとする態度が提案されていました。また、言語的コミュニケーションは何らかの「取り決め」にもとづいて遂行されるのではなく、互いの間で「つかのまの理論を収束させる能力がある」ことによって行われるのだというデイヴィドソンの思想とTwitter上でのコミュニケーションのあり方や通信プロトコルとの類似を確認しました。

今回はp.40からになります。当初の予定より大幅に遅れていますので、今回は出来るかぎり内容をまとめて進行して行きたいと思います。また、HP上でも情報を少しずつアップデートして行きますので、参加希望の方はぜひそちらもご覧になっておいて下さい。

前回不参加の方も、前回までのまとめを紹介する時間またはHP上で公開したいと思っていますので、フォローできると思います。

参加のお申し込みはこちら

===

『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』読書会
日程=2011年4月24日(日) 13:30- (3時間程度を予定しています)
場所=千早地域文化創造館
参加費=300円
定員=16名
対象図書=リチャード・ローティ著『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』齋藤純一・山岡龍一・大川正彦訳

対象範囲=第3章まで
進行方法=当日までに対象範囲を通読して(必須)、(できれば)分からないところ、重要に思うところなどをチェックしておいてください。

千早地域文化創造館
郵便番号: 171-0044
住  所: 東京都豊島区千早2-35-12
電話番号: 03-3974-1335
アクセス:
地下鉄有楽町線・副都心線 千川駅下車 3番出口 徒歩約7分
国際興業バス「要町3丁目」バス停下車 徒歩約7分

大きな地図で見る

             このエントリーをはてなブックマークに追加

 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。