07-08-13

キャラクトロニカ・トーク vol.2:石岡良治 x 藤城嘘「描線とフィールド:藤城嘘の光と色をめぐって」

 
press_image_edit_476
 

芸術係数プレゼンツ藤城嘘個展「キャラクトロニカ」の関連トークイベントのお知らせです。

第2回目は、ニコ生プラネッツでおなじみ、批評家の石岡良治さんをゲストにお迎えします。オタクカルチャーと美術史をまたぐ広範な知識を元にあらゆるイメージを分析する石岡良治は、藤城嘘の新作をどう読み解くのか!乞うご期待です。

お申し込みはこちら

===
キャラクトロニカ・トーク vol.2:石岡良治 x 藤城嘘「描線とフィールド:藤城嘘の光と色をめぐって」
日 時:2013年7月27日(土) 17:30開場 18:00開演(20:00終了予定)
ゲスト:石岡良治(批評家/表象文化論)
出 演:藤城嘘(アーティスト)
進 行:辻憲行(芸術係数)
参加費:2,000円(ワンドリンク付き) お申し込みはこちら
定 員:30名
会 場:EARTH+ GALLERY(アースプラスギャラリー)
住 所:〒135-0042 江東区木場3-18-17 1F
アクセス:
東京メトロ東西線 木場駅3番出口から徒歩7分
東京メトロ東西線/都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分
東京都現代美術館から東西線木場駅方面へ徒歩10分


大きな地図で見る

===
石岡良治(いしおか・よしはる)
1972年生まれ。批評家・表象文化論。論考・批評として、「メディウムの肌理に逆らう──ロザリンド・クラウスにおけるポストメディウムの条件」(『述三──舞台/芸術』2009年)、「岡崎乾二郎プロスペクティヴ」(『REAR』no.24、2010年)、「コアを見つめるキャラクター」(『美術手帖』966号、2012年)、「Y字路の経験」(『ユリイカ』第44巻第13号、2012年)、「クリスチャン・ラッセン、二つの世界のエッジで」(原田裕規編著『ラッセンとは何だったのか』フィルムアート社、2013年)など。

藤城 嘘(ふじしろ・うそ)
1990年生まれ。日本大学芸術学部美術学科在籍。美術作家。作家活動に平行して、集団制作/展示企画活動を展開する。「カワイイ」・「萌え」などの日本的/データベース的感性をベースに、キャラクターの存在論を問う絵画作品を制作する。個展「モストポダン」(2010)、カオスラウンジとして「破滅*ラウンジ」(2010)、F/T2011主催作品「カオス*イグザイル」、「受け入れ」展(2012)など。

辻憲行(つじ・のりゆき)
1970年生まれ。キュレーター/翻訳。山口大学大学院人文科学研究科美学美術史専攻修了。1998年から2006年まで秋吉台国際芸術村(山口県)にてチーフ・キュレーターとしてレジデンス、展覧会、WS、セミナーなどの企画・運営を行う。2008年から2010年まで東京都写真美術館学芸員。主な企画展(共同企画も含む)は、「アート・イン・ザ・ホーム」(2001)、「チャンネル0」(2004)、「トランスフォーマー」(2005)、第1回/第2回恵比寿映像祭(2009/2010)。芸術係数主宰。

お問い合わせ:
芸術係数
info@gjks.org

協力:
EARTH+GALLERY
〒135-0042 東京都江東区木場3-18-17 1F
tel/fax 03-5809-9949
info@coexist-tokyo.com
coexist-tokyo.com

             このエントリーをはてなブックマークに追加

07-06-13

キャラクトロニカ・トークvol.1:村上裕一 x 藤城嘘「鏡の裏の嘘」

 
press_image_edit_476
 

芸術係数プレゼンツ藤城嘘個展「キャラクトロニカ」の関連トークイベントのお知らせです。

第1回目は、批評家にして株式会社梵天の経営者でもある村上裕一さんをゲストにお迎えします。ゴーストをキーワードに包括的なキャラクター論を著書『ゴーストの条件』で展開した村上裕一と、絵画表現としてのキャラクターの存在条件を問う藤城嘘、ジャンルを超えて交錯する、キャラクターを巡るアツいトークをご期待ください!

お申し込みはこちら

===
キャラクトロニカ・トーク:村上裕一 x 藤城噓「鏡の裏の嘘」
日時:2013年7月20日(土) 17:30開場 18:00開演(20:00終了予定)
ゲスト:村上裕一(批評家)
出 演:藤城嘘(アーティスト)
進 行:辻憲行(芸術係数)
参加費:2,000円(ワンドリンク付き) お申し込みはこちら
定 員:30名
会 場:EARTH+ GALLERY(アースプラスギャラリー)
住 所:〒135-0042 江東区木場3-18-17 1F
アクセス:
東京メトロ東西線 木場駅3番出口から徒歩7分
東京メトロ東西線/都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分
東京都現代美術館から東西線木場駅方面へ徒歩10分


大きな地図で見る

===
村上裕一(むらかみ・ゆういち)
批評家。岩手県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2009年、講談社BOX「東浩紀のゼロアカ道場」優勝者。著書に『ゴーストの条件』(講談社BOX)。2013年2月、株式会社梵天(前身:株式会社多聞企画設計部門)の代表に就任。

藤城 嘘(ふじしろ・うそ)
1990年生まれ。日本大学芸術学部美術学科在籍。美術作家。作家活動に平行して、集団制作/展示企画活動を展開する。「カワイイ」・「萌え」などの日本的/データベース的感性をベースに、キャラクターの存在論を問う絵画作品を制作する。個展「モストポダン」(2010)、カオスラウンジとして「破滅*ラウンジ」(2010)、F/T2011主催作品「カオス*イグザイル」、「受け入れ」展(2012)など。

辻憲行(つじ・のりゆき)
1970年生まれ。キュレーター/翻訳。山口大学大学院人文科学研究科美学美術史専攻修了。1998年から2006年まで秋吉台国際芸術村(山口県)にてチーフ・キュレーターとしてレジデンス、展覧会、WS、セミナーなどの企画・運営を行う。2008年から2010年まで東京都写真美術館学芸員。主な企画展(共同企画も含む)は、「アート・イン・ザ・ホーム」(2001)、「チャンネル0」(2004)、「トランスフォーマー」(2005)、第1回/第2回恵比寿映像祭(2009/2010)。芸術係数主宰。

お問い合わせ:
芸術係数
info@gjks.org

協力:
EARTH+GALLERY
〒135-0042 東京都江東区木場3-18-17 1F
tel/fax 03-5809-9949
info@coexist-tokyo.com
coexist-tokyo.com

             このエントリーをはてなブックマークに追加

07-06-13

キャラクトロニカお絵描きオフ

 
sojiki002_edit_02
 
キャラクトロニカ展示会場でお絵描きオフ開催します!ギャラリーの床面に紙を敷き詰めて、作家と一緒にみんなで一緒にひたすらお絵かきしましよう!!各種画材用意して待ってます!使いたい画材があれば持ち込みもOKです〜。
ポートフォリオなど自己紹介に使えるもの、最近見つけた面白いものも絶賛歓迎します!!

===
キャラクトロニカお絵描きオフ
日 時:2013年7月14日(日) 15:00開始
参 加:藤城嘘(アーティスト)
参加費:無料
会 場:EARTH+ GALLERY(アースプラスギャラリー)
住 所:〒135-0042 江東区木場3-18-17 1F
アクセス:
東京メトロ東西線 木場駅3番出口から徒歩7分
東京メトロ東西線/都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分
東京都現代美術館から東西線木場駅方面へ徒歩10分


大きな地図で見る

===
藤城 嘘(ふじしろ・うそ)
1990年生まれ。日本大学芸術学部美術学科在籍。美術作家。作家活動に平行して、集団制作/展示企画活動を展開する。「カワイイ」・「萌え」などの日本的/データベース的感性をベースに、キャラクターの存在論を問う絵画作品を制作する。個展「モストポダン」(2010)、カオスラウンジとして「破滅*ラウンジ」(2010)、F/T2011主催作品「カオス*イグザイル」、「受け入れ」展(2012)など。

お問い合わせ:
芸術係数
info@gjks.org

協力:
EARTH+GALLERY
〒135-0042 東京都江東区木場3-18-17 1F
tel/fax 03-5809-9949
info@coexist-tokyo.com
coexist-tokyo.com

             このエントリーをはてなブックマークに追加

 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。