11-30-11

マルセル・デュシャン「創造的行為」のテキスト

動画はこちら:マルセル・デュシャン「創造的行為」に日本語字幕を付けました。

1957年のアメリカ芸術家連盟の総会で、マルセル・デュシャンは「創造的行為」という講演を行いました。このブログのタイトルになっている「芸術係数」という言葉はこの講演の中で使われたデュシャンの造語です。この講演は、創造行為において鑑賞者の鑑賞行為を、アーティストの制作行為に等しい重要性を持つものとして明確に評価した画期的なものでしたが、「芸術係数」は、鑑賞者の創造行為のために用意される素材として数理的な表現で語られています。

この講演の日本語訳は、瀧口修造訳が「創造的過程」というタイトルで、『マルセル・デュシャン語録』に収められています。

芸術創造の二つの重要な極について考えてみよう。一方はアーティストであり、もう一方は作品を後代に伝える鑑賞者である。
アーティストは、時空を超えた迷宮をクリアする方法を探す媒介者のようにふるまっているように見える。アーティストを媒介者とみなすならば、彼は自らが美的次元において行っていることを自覚的に理解することはないはずである。彼の創作における全ての決断は、純粋な直観に従っているのであり、自己分析によって記述することも、念入りに考えぬかれた思考として跡づけることもできない。

T.S.エリオットは『伝統と個人の才能』で「苦悩する人間としてのアーティストと、作品を作り上げる精神の分離が完全であるほど、アーティストは完璧になる。つまり、彼の精神は、作品の素材となるその情熱をより完全に消化し変質させることができるようになるのである。」
数多くのアーティストが作品を生み出し、そのうち数千ほどが鑑賞者の話題に登り、受容される。そしてそれよりはるかに少数のものが後世に伝えられるのである。

要するに、アーティストは自らの才能を大々的に宣言するだろうが、彼の言葉が社会的に容認され、彼の名が美術史の中に書き込まれるためには、鑑賞者による評決を待たなければならないのだ。

このような声明が、媒介者としての役割を拒絶し、創造的行為における彼ら自身の自意識の有効性を主張する多くのアーティストの賛同を得られないことは当然のことであろう。しかし、美術史において作品の評価を決定するのは、アーティストによる理性的な作品の説明とは全く関係の無い考察を通じてである。

自分自身と世界に対する究極の目的を抱く人間存在としてのアーティストが、彼自身の作品の評価に関してなんの役割も果たさないのだとしたら、作品に対する鑑賞者の反応を促す現象を、どのように記述すれば良いのだろうか?言い換えれば、その反応はどのように生じるのか?

この現象は、絵の具、ピアノ、大理石などの無機物が引き起こすアーティストから鑑賞者への美的浸透における転移の現象と比較することができる。

しかし、話を進める前に、「芸術」という言葉に関する私たちの了解事項を明確にしておきたい。もちろん、それを定義することなしに。

私が考えているのは、良い作品であれ、悪い作品であれ、それなりの作品であれ、どのような形容詞をつけようとも、それを芸術と呼ぼうということだ。悪い芸術もそれが芸術であることには変わりがない、ちょうど悪い感情も感情であるのと同じように。

したがって、「芸術係数」について話すとき、私は偉大な芸術についてだけ話しているのではなく、悪いものであれ、良いものであれ、そこそこのものであれ、生の状態の芸術を作り出す主観の働きについて話しているのである。

アーティストは創造行為の中で、自分の意図から始まって、完全に主観的な反応の連鎖を通じて作品の実現へと至る。アーティストによる実現への奮闘は、一連の努力、苦しみ、満足、拒絶、決定であり、少なくとも美的な側面では、それらを完全に意識的に制御することは不可能であり、また、そうすべきでもない。

この奮闘の結果はアーティストの意図と実現された作品の違いに、つまり彼が自覚していない違いに現れる。

結果として、創造行為に伴う一連の過程では、あるつながりが失われている。作品に自分の意図を表現しようとするアーティストの不能を示すこの断層、彼が表現しようと意図したことと実現された作品との間のこの差異が、作品に含まれている個人的な「芸術係数」なのである。

言い換えるなら、個人的な「芸術係数」は、意図されながら表現されなかったものと、意図せず表現されたものとの間の数学的な関係のようなものである。

誤解を避けるために付け加えると、私たちはこの個人的な「芸術係数」は芸術の生の状態に過ぎないことを心に留めておかなければならない。それは、糖蜜から砂糖を抽出するように鑑賞者によって「精製」されなければならないのである。係数の数値は鑑賞者の作品に対する評価とは何ら関係がない。創造的行為は鑑賞者が変位の現象を経験するとき、別の様相を見せる。不活性な素材から芸術作品への変容によって、物質の実体が変化し、鑑賞者は作品の美的価値を決定する役割を担うことになるのだ。

つまるところ、創造的行為はアーティストだけで完遂されるものではないのだ。鑑賞者は作品に内在する質を翻訳し、解釈することによって、作品と外部世界とのつながりを生じさせ、そうして創造的行為に加わるのである。このことは、後世の人々が作品の最終的な評価を下したり、忘れられたアーティストを再評価したりする場合により明らかになる。

日本語訳:辻憲行

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。