04-03-12

リチャード・ローティ「幼少期を語る」

“Richard Rorty talks about his childhood″に日本語字幕を付けました。

翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999)
芸術係数(http://gjks.org)
元の動画はこちら

[字幕]
インタビュアー:小学校ではどのような子供でしたか?

ローティ:学年が上がるにつれて人見知りが激しくなった。
いじめが怖くていつも怯えていた。
学校の活動には消極的だった。
とにかく学校から離れたかった。

インタビュアー:なぜですか?

ローティ:ただ、気まずさを感じて、仲間に入れなかった。

インタビュアー:何かきっかけが?

ローティ:わからない。
幼少期の非社交的ふるまいの記憶だよ。

インタビュアー:学校ではひとりぼっちでしたか?

ローティ:7、8歳になるまでの記憶はあまりはっきりしていない
子供の頃は転校を繰り返していた。
7つか8つの小学校に通ったよ。
どこに行っても友達ができるか不安だったし、実際できなかった。

インタビュアー:なぜでしょう、シャイだから?

ローティ:わからない。

インタビュアー:ずっとそうですか?
それとも子供の頃だけ?

ローティ:人付き合いはずっと苦手だよ。
子供の頃よりはずっとましにはなったが。
パーティはなるべく避けている。
世間話が苦手なんだ。

インタビュアー:シャイで、同級生との交流を避け続け、
7、8回も転校したということですが、
誰かがあなたに読書の楽しみを教えたのでしょうか?

ローティ:ええ。両親は私が4歳になった頃から
読書するよう私に言い聞かせた。
それ以来、人生のほとんどの時間を
読書に費やしてきたよ。

インタビュアー:あなたには外の世界よりも本の中が、
重要だった?

ローティ:ああ、ずっと重要だった。
現実の世界は本の世界ほど
すばらしいものではなかった。
美しい風景や自然、動物、鳥、草花など
いくつかの例外はあったけれど。

インタビュアー:本を読みながらどんなことを
思い描いていたのですか?

ローティ:権力、支配、全能感、
子供なら誰もが見るような幻想だよ。
自分は王の落し胤だとか、そういう
ことを空想していたよ。

インタビュアー:権力、支配…学校では望んでも手に
できなかったものですね?

ローティ:多分私は、知識の力で、いじめの
仕返しをしたかったんだろう
それが可能なのか、自分ではわかってなかったが。

インタビュアー:知識人になっていじめっ子を見返して
やろうと?

ローティ:いや、知的世界に生きることで、彼ら
との関係を断ち切ったんだよ。

インタビュアー:小学校を出てからも状況は
同じでしたか?
俗悪な日常を避け、本の中の空想の
世界に生き続けたのでしょうか?

ローティ:私は幸運なことに、
十五歳で大学に入ることができた。
それは特別な大学の特別なコースで、
誰もが本の話ばかりしていて、
私には理想の場所だった。
私は初めて物事を自分で掌握できる
感覚を持つことができた。

インタビュアー:幼年期から青年期に、自分は哲学者に
なるべきだと感じていましたか?

ローティ:哲学の世界に進んだのは偶然だった。
歴史や文芸批評を仕事にしていた
可能性もあった。
私がたまたま…
十六歳のときに一番熱心に通ったのが
哲学科の授業だった。
その後も哲学科に残り、次から次に
学位を取得したわけだ。

インタビュアー:なぜそこにそれほどの魅力を
感じたのですか?

ローティ:それは哲学的思考から得られる成熟と
支配の感覚だろう。
哲学書を読んでいると、
物事を秩序付け、理想的な状態に
整えているという感覚を抱く。
その感覚は、人の支配欲を
明確にしてくれる。

インタビュアー:シャイな自分への埋め合わせとして?

ローティ:ええ。

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。