10-23-12

芸術係数読書会:レイチェル・グリーン「インターネット・アート」を読む

Rachel Greeneの「Internet Art」の読書会のお知らせです。

アートには、私たち人間と世界との関わりを知覚可能な表現に変化する側面があります。そこに注目すれば、芸術表現の変遷は、人間が世界を把握する枠組み、つまりテクノロジーの変遷に対応してきた歴史として見る事も可能でしょう。現代に生きる私たちと世界との関係はコンピューター、とりわけ1990年代に爆発的に普及し、2000年代には一気に日常生活のインフラにまで発展したインターネットというテクノロジーに大きな影響を受けています。本書は、ネット環境(とその前史としてのディジタルテクノロジーも含む)と、それが生み出した概念やメディアとアートとの影響関係の歴史を広範に扱っています。

読書会では、ナム・ジュン・パイクら初期のメディア・アートは当然の事として、コンセプチュアル・アートからハプニング、シミュレーショニズム、リレーショナル・アートにいたるまでの作品をネットやディジタルメディアが可能にしたテクノロジーとの影響関係において読み解く序章から読み進めます。これまでの読書会同様、スライドを多用して、可能な限り実際の作例を紹介しながら、具体的にイメージしやすい形で進行いたします。

なお、こちらで翻訳したテキストを使って進行いたしますので、参加にあたって英語力はそれほど必要ではありません。

お申し込みはこちらから。

===
日時:2012年11月10日(土)18:00-21:30
場所:千早地域文化創造館
参加費:学生 500円/一般 1,000円
郵便番号: 171-0044
住  所: 東京都豊島区千早2-35-12
電話番号: 03-3974-1335
アクセス:
地下鉄有楽町線・副都心線 千川駅下車 3番出口 徒歩約7分
国際興業バス「要町3丁目」バス停下車 徒歩約7分


大きな地図で見る

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。