03-20-13

芸術係数読書会:ボリス・グロイス「アートと金」を再読する

 
GROYS_ARTMONEY_480

Boris Groysの「Art and Money」の読書会のお知らせです。*テキストは昨年5月に開催した読書会と同一のものですので、前回の参加者の方はお気をつけ下さい。

グロイスはこの論考で、展覧会における経済的支援とそれを条件付ける趣味の問題を取り上げ、芸術作品の価値、とりわけ「交換価値」の問題について考察します。
グロイスが指摘するように、デュシャンのレディ・メイド以来、制作されるだけで十分でなく、展示される事で初めて作品として認知されるような作品が現れました。そしてそうした形式を持つ作品はハプニング、イベント、インスタレーション、リレーショナル・アートなど、時代を追うごとに増加しています。
こうした状況化では、展示のための経済的支援は作品の存在要件に深く関わる事になります。そこでグロイスはもう一つの問題である、どのような趣味が、直接的に言えば誰が支援を決定するのかについて、グリーンバーグの「アヴァンギャルドとキッチュ」(1939)及び「文化の窮状」(1953)を取り上げながら考察を進めて行きます。ここからの議論はWEB2.0にも言及しながらのなかなかアクロバティックなものなのですが、読書会でぜひ一緒にテキストを読み進めてみましょう。

お申し込みはこちらから。

チケットサイトからのお申し込み受付は終了いたしましたが、ご参加希望の方は1席ございますのでこちらからお申し込みください。

読書会ではこちらで作成した翻訳をもとに進行いたしますので,英語力はそれほど必要ではありません。テーマに関心のある方のお気軽な参加をお待ちいたしております。また、ご参加いただいた方はFacebookの読書会グループに登録させていただきますので、そちらで翻訳やスライドなどの資料を共有いたします。

<参考図書>
クレメント・グリーンバーグ「アヴァンギャルドとキッチュ」(『グリーンバーグ批評選集』所収)

===
日時:2013年4月10日(水)18:30-20:50
場所:渋谷区神宮前区民会館
*会場をご確認ください
参加費:1,400円 *当日学生証の提示で500円キャッシュバックいたします。
定 員:7名(要予約)
郵便番号: 150-0011
住  所: 東京都渋谷区神宮前 6-10-14 3F
電話番号: 03-3409-4565
アクセス:
JR 原宿駅 徒歩8分
東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅4番出口 徒歩1分
都バス[池86][早81]系統「表参道」停留所 徒歩2分

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。