03-21-10

第2回芸術係数ダイアローグ 千葉雅也 「パラマウンド-森村泰昌の鼻」(『ユリイカ』2010年3月号所収) を読む

<このイベントは終了いたしました。>

芸術係数ダイアローグは、毎回一つのテキストを選んで、作者と読者/鑑賞者との対話の機会を提供する企画です。2010年3月から一年間、10回にわたって10人の講師を招いて開催する予定です。そのような対話の連続を通じて、現在のアートを巡る言葉のありようを見出したいと思っています。テキストといっても、必ずしも文章だけでなく、作品や展覧会、運動なども含み、ジャンルも幅広く表現や文化に関わるテーマを取り上げるつもりです。

対話のための共通の基盤として、参加する皆さまには基本的に事前にテーマとなるテキストを読んでいただくことを参加の条件とさせていただきます。また、当日は質疑の時間を長めに取りますので、作者との対話の機会をお持ち下さい。

第2回は、気鋭のドゥルーズ研究者として知られ、最近『アンチ・オイディプス草稿』(國分功一郎氏との共訳)を上梓された千葉雅也氏(1978年生)を講師にお迎えします!!千葉氏は20世紀後半以降のフランス現代哲学が専門ですが、積極的にアートに関する論考を発表しており、今回テーマとして取り上げるテキストは現在東京都写真美術館で個展開催中の森村泰昌展(「なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術-」)に合わせてユリイカ誌上に発表されたものです。

講師プロフィール:
1978年生まれの研究者/批評家。専門分野は、哲学、表象文化論、精神分析学。20-21世紀フランスの哲学(とりわけジル・ドゥルーズ、ジャック・デリダ、カトリーヌ・マラブー)から出発しつつ、表象文化史の諸相を考察する。現在は、東京大学「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)特任研究員、高崎経済大学非常勤講師を務める。

第2回芸術係数ダイアローグ

「パラマウンド-森村泰昌の鼻」(『ユリイカ』2010年3月号所収) を読む

講師=千葉雅也(哲学研究/批評家)
テキスト=「パラマウンド-森村泰昌の鼻」(『ユリイカ』2010年3月号・青土社所収)
日時=2010年4月24日(土)19:00より
入場料=一般1,000円 学生=500円
定員=20名
会場=中央区ハイテクセンター(京華スクエア2階)
〒104-0032
東京都中央区八丁堀三丁目17番9号 京華スクエア2階
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A3出口 徒歩1分
JR京葉線 八丁堀駅 A3出口 徒歩1分

*なお、このイベントでは、参加者の皆さまが上記テキストを読了済みという前提で進行されますので、参加を申込まれた方は事前に『ユリイカ』2010年3月号を入手の上、ご一読の上、ご来場下さい。よろしくお願い申し上げます。

Quezregherzvolak .

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。