10-29-10

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』読書会 vol.1(全3-4回予定)

芸術係数の読書会のお知らせです。
対象図書はリチャード・ローティ著『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』(齋藤純一・山岡龍一・大川正彦訳)です。

本書『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』は、私的領域が制度化され断片化され予測可能になり、公的領域との境が際限なく曖昧になっててしまった現在、いかにして自己創造と社会的連帯を同時に達成することが可能か、についての指針を与えてくれる書物です。ローティーは人間の生の私的な部分と公共的な部分とをきっぱりと分けて考えることを提案するのですが、この考え方は自己の制作の理想と作品の現実的な受容の問題の両立に向き合うアーティストにとってはもちろんのこと、私的領域が常に公的なリスクに曝される世界を生きる私たちにとって大いに有益なものだと思います。
また、芸術係数では継続的に「関係性の美学」を取り上げてきたのですが、『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』は、「関係性の美学」を批判的、実践的に捉え直すのにも役立つのではないかと思います。

===

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』読書会(全3-4回予定)
日程=2010年11月7日(日) 17:30- (2時間程度を予定しています)
場所=千早地域文化創造館
参加費=300円
対象図書=リチャード・ローティ著『偶然性・アイロニー・連帯-リベラル・ユートピアの可能性』齋藤純一・山岡龍一・大川正彦訳
対象範囲=序章+第1部の2章くらいまで
進行方法=参加者が一段落ごとに音読し、疑問点などを議論していく形で進めたいと思います。

会場案内:
郵便番号: 171-0044
住  所: 東京都豊島区千早2-35-12
電話番号: 03-3974-1335
アクセス:
地下鉄有楽町線・副都心線 千川駅下車 3番出口 徒歩約7分
国際興業バス「要町3丁目」バス停下車 徒歩約7分

             このエントリーをはてなブックマークに追加



 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この blog は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。